加藤七宝

古き良きを知り、新しきを生む

尾張七宝はもとより、今、日本の伝統的産業は非常に難しい時代を迎えており、職人の減少・高齢化による技術力・生産力の低下や、後継者不足は深刻な問題です。

先人の努力によって長年培われてきた歴史と伝統は、もはや風前の灯といっても過言ではありません。

そんな時代の流れにあって、今何ができるのか。

一生産者として、魅力ある製品を創ること。

そして、その魅力に触れ、感じていただくこと。

“真の美しさ”は、時がいくら流れようと変わる事がありません、しかし魅力ある“モノ”とは、それぞれの時代によって変化していくものである、と私たちは考えます。

加藤七宝製作所は、長年培われた尾張七宝の技をもって、常に新しい“七宝のカタチ”を模索しています。

加藤七宝製作所 代表 加藤芳朗

ページのトップへ