加藤七宝

Instagram

三代目見習い日記

2020年 7月 18日

<伝統工芸通販BECOS、出店です>
この度、ご縁あって厳選したMade in Japan ブランドが出品する通販サイト「BECOS」にて、商品の販売を開始いたしました。
伝統工芸通販BECOSの加藤七宝製作所ブランドページはこちら「[https://www.thebecos.com/collections/katoshippo]」をご覧ください。

まだまだ魅力を伝えきってはいないと思っておりますので、これから商品展開などもっともっと充実させていきたいと考えています!

<BECOS(https://www.thebecos.com/)とは?>
「作り手の技術」「こだわりや想い」が真に融合した Made in Japan ブランドだけを厳選したメディアコマース&ECプラットフォームです。
世界中の方々に、新しい発見と感動体験をお届けするために、ものづくりの現場とカスタマーをお繋ぎいたします。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
Made in Japan ブランドのプラットフォーム「BECOS(ベコス)」
https://www.thebecos.com/

STREET KIMONO「VEDUTA」
https://www.veduta.jp/

切り絵創作家 福田理代「切り剣Masayo 」
https://kiriken.thebecos.com/

共感と感動を生み、感情に刺さる動画を「StoryMovies」
https://www.storymovies.jp/

おかげさまで、なんと1000%達成です!!

2020年 6月 29日

この投稿をInstagramで見る

愛理さんが僕の言いたかったこと全部言ってます😂 皆さまのお陰で、幸せな時を過ごさせていただくと共に、コロナになんて絶対に負けない❗️そんな勇気をいただきました‼️ 関わってくださった皆さま、本当にありがとうございました😭 ・ #Repost @nailsalon.airish with @make_repost ・・・ 【1044%達成】ついに完遂…!【#ネイリストが考える工芸職人応援プロジェクト 】 ・ 6/28 23:59:59 終了 「夢を叶える」 ・ 5/19からスタートしたクラウドファンディングプロジェクト、ついに終了となりました。 最後にみんなで「ありがとう」の気持ちを伝えるライブリレー、支援者の皆様と共有しながら一人ずつ今回のプロジェクトへの思いを紡いでいきました。 そのあと加藤さんとのライブの最中に、なんと目標金額の【1000%】達成… 新型コロナウイルス感染拡大による問屋の休業などで、日本の伝統工芸職人たちも甚大な被害を受けました。 「夏まで持つか分からない」「廃業も考えている」 そんな悲痛な言葉を発する七宝職人の加藤さん。 「でも、夢を見たんだよね クラウドファンディングで目標金額の1000%を超えて 桁外れの支援をいただけるっていう夢。」 ・ それがこの企画のスタートでした。 加藤さんの夢は、プロジェクト終了まで残り72分というところで 支援者様たちによって、叶えられたのです。 「夢を叶える」 まさにその言葉がスッと腑に落ちる、そんな感覚でした。 「夢」って、なかなか一人では叶えられない。 でも、誰かと一緒なら、叶えられるものなのかもしれない。 例えばそれは、日本の誇る最高の伝統工芸品を作り上げる伝統工芸職人さんと、 最高のアートパフォーマンスを魅せるネイリスト集団と、 心強いこの業界の仲間たちと、 最強の応援団の友人や家族、サロンのお客様たちと、 そして優しい思いやりの心を持った支援者様たちが集まったら。 とてつもなく大きな力になって、渦を描いて、 台風のような勢力を持って、 誰かの心をつき動かしつづけるかもしれない。 ・ まだ私はちょっぴり夢の中にいるような気持ちですが、 ひとまずここで、このプロジェクトは終了となります。 まるでみんなで作り上げる文化祭のような、 最高に楽しい、青春のような時間でした。 誰か一人でも欠けたら絶対に成立しなかった。 私たちの活動を目に留めてくださった全ての方へ、 心から感謝の気持ちをお伝えいたします。 本当に、ありがとうございました。 ・ ネイルサロン藍rish 山田愛理 ・ @nailatelier_u @tetsubozu @yumiidei ・ @katoshippo_seisakusyo @kazuki_tabata_shibori @hiroyukiyamamori ・ #伝統工芸ネイル #ネイルクラウドファンディング #工芸職人クラウドファンディング #クラウドファンディングとは #クラウドファンディング終了 #みなさん本当にありがとうございました #大好きです

Yoshiro Kato(@katoshippo_seisakusyo)がシェアした投稿 -

初めてのクラウドファンディング

2020年 5月 18日


画像提供ネイルサロン藍rish

伝統工芸ネイルでお世話になっている名古屋のネイルサロン藍rishの山田愛理さんが発起人となり、このたび立ち上がることになりました。
クラウドファンディング企画「ネイリストが考える工芸職人応援プロジェクト」が、明日5月19日に始動致します。
皆様の応援で、ぜひ支えていただきたいと願っております。
_

*以下長文ですが、ここに至った経緯を記しております。
尾張七宝存続の危機です。ぜひご一読をお願い申し上げます!

「初めてのクラウドファンディングへの挑戦!」

昨今のコロナ禍で、全く未来が見通せない現状。
緊急事態宣言を受け、加藤七宝製作所も長期の店舗休業を余儀なくされ約1ヶ月が過ぎました。
その間もなんとか製造業務は稼働してきましたが、それも今月中には目処が立ってしまう…。
その後いつまで耐えればいいのかと、不安ばかり募らせていました。

そんな折、七宝ネイルフレークでお世話になっている藍rishの山田愛理さん@nailsalon.airishからお電話いただいたところから全ては始まります。

おかげさまでフレークの評判は上々で、これからもっと発展させていこうというところでまさかのコロナ禍。
僕は彼女との話の中で、正直夏まで会社が持つかわからないと言いました。
すると、彼女自身のサロンも当然休業しており厳しい状況にもかかわらず、彼女は必死に僕を叱咤激励してくれました。
たくさんの話をする中で、僕は数日前に見た夢の話をしました。
それは、クラウドファンディングで桁外れの支援をいただくという夢の話でした。

「それやりましょう!」

普通、ただ笑い飛ばすなりスルーして終わりだと思います。
しかし彼女は違います。
めちゃくちゃ伝統工芸が好きで、とっても熱い人だというのを忘れていました。
すぐさま考え始めて、次々アイデアを出してきます。

でも僕は、一瞬迷いました…

世界中が大変な時に、小さな会社を守るため、そんなことのためにやっていいものなのかと。
しかし、小さな会社、小さな産地だからこそ、その魅力や想いをちゃんと伝えていかなくてはいけない。
全てをやりきらないうちに、コロナに潰されるのは嫌だ!
絶対に悔いが残る。
今の時代だからこそできること。
批判を恐れるな!

僕はそんな思いに至り、彼女にも思い切り背中を押されて、この挑戦が決まりました。

この話が4月下旬のことです。
まだ3週間も経っていないのですが、彼女が中心になって企画を練り、たくさんの強力な協力者を得て、たくさんのことをみんなで準備して、来週19日あと少しでスタートアップというところまできました。
彼女の超絶な実行力には、本当に驚きと頭が下がる思いでいっぱいです。

ここまでお膳立てしていただいて、僕も全力を出しきらないわけにはいきません。
悔いを残したくもないですし、七宝職人としてやれる限りのことをやりきっていく所存です。

ネイリストと工芸職人という異色マッチングだからこそ実現する企画になっています。
一丸となり未来を切り開いていきたいと思いますので、皆様の応援で、ぜひ支えていただきたいと願っております。

加藤七宝製作所 加藤芳朗

「ネイリストが考える伝統工芸職人応援プロジェクト」参加者

詳細はSNSなどで随時あげていきたいと思いますが、SNS初心者の僕はただ今必死でやり方勉強中ですので、何かおかしなことになってたら笑って許してください。

◾️工芸職人◾️

  • 加藤七宝製作所 加藤芳朗
  • @katoshippo_seisakusyo
  • たばた絞り 田端和樹さん.
  • @kazuki_tabata_shibori
  • 京都箔鳳工房 山森博之さん 
  • @hiroyukiyamamori
  • ◾️ネイリスト◾️
  • 山田愛理先生 @nailsalon.airish
  • 出井由美先生 @yumiidei
  • 森谷哲朗先生 @tetsubozu
  • 羽深有紀先生 @nailatelier_u

最近思うこと

2020年 5月 2日

4月の中旬ごろ、僕が発熱や咳こそないものの1週間ほど喉の痛みやだるさが続いたため、その間生活も仕事も可能なかぎり一人隔離状態を続けていました。
僕のような軽い症状でもPCR検査なりしてもらえれば、はっきり隔離したりできると思うのですが、まだまだ現状では課題が多いようですね。
かかりつけ医の先生曰く、「無症状でも新型コロナの人がいて感染を広めていることが一番恐ろしい所」と言っていました。

体調不良から2週間以上たち、僕の体調も概ね良くなりました。
僕の周りでは体調不良を訴える人は誰もいません。
多分僕は新型コロナではなかったのでしょう。でも否定はできない現状。
自分でも長い体調不良でしたので、怖さがありました。
その間、家族や職場との接触を避け、会社も諸々の事情を鑑みて店舗は4月16日から休業し、製造スタッフも休業させました。
正直4月は情報に振り回され対応に悩み、もう混乱状態でした。
もどかしいですよね。
先が見えずに、すごく不安です。

この時期の体調不良はどこまで気をつけるべきなのか判断に迷う人も多いと思います。
でも、お医者さんが言っていたように、みんなが自分も罹患者かもしれないと思って自粛行動しなければ収束には向かわないと思います。
少なくとも僕自身はそう思って行動していきます。

みなさん、ご自愛ください。

ページのトップへ