加藤七宝

三代目見習い日記

工房見学

2009年 12月 26日

先日、近所の小学校に通う3年生の生徒8名が、当製作所へ野外学習の授業で
工房見学に来ました。「地元の名人の技を見て聞く」というような趣旨の野外
学習だったようです。
工房の中を案内するとみんなとても興味津々といった感じでかなりテンション高めでした。
せっかくの機会なので、プロの職人道具を使って絵の具をさす施釉の工程を体験してもらいました。
どの子供達も真剣な表情で、とても印象的に残りました。


大げさですが、日本の伝統文化を新しい世代に伝え継承してゆくためにも、このような機会は大切にしていかなければならないですね。
今回の体験が、少しでも子供たちの心に残っていたら幸いです。

posted by Yoshiro Kato

「帯留め」体験教室

2009年 12月 7日

先日、友人に頼まれて「帯留め」体験教室を開催しました。
その友人は最近着付け教室に通いだしたことで、和装小物にも興味を持ち僕の存在を思い出したようです。
せっかくの機会なので本格的な尾張七宝を体験してもらいました。
写真は、あらかじめ考えてきてもらったデザインに銀線を立て、施釉(彩色)をし焼き上げたもので、仕上げ加工前の少し凹凸のある状態のものです。
ここまででほぼ丸一日の作業でしたが、コツを少し教えたくらいでほとんど手直しする必要もなくとても楽しめたようでした。なかなかいい筋してます。
このあと、本研磨の質感がとても気に入ったようだったので、特別に本研磨仕上げを施すことにしました。
七宝で言う本研磨とは、滑らかな平面を削りだしてから徐々に艶やかにしていく仕上げの工程のことで、通常、一部の高額製品にしか施さない仕上げ方法です。


この2枚の写真はできるだけ表面の凹凸が分かるように撮りました。
本研磨仕上げをするとかなりシャープになり質感も上品になります。
完成写真は、また後日アップしたいと思います。

posted by Yoshiro Kato

ページのトップへ