加藤七宝

三代目見習い日記

テレビ放送のお知らせ

2015年 5月 20日

5月22日(金)午後7時30分〜放送のNHK BSプレミアム「美の壺」にて、「現代に輝く七宝」というテーマで放送があります。その中で当製作所2代目・加藤勝己の省胎七宝作品が登場いたします。
制作過程の紹介や作者インタビューをはじめ、様々な七宝にスポットを当てた内容で美術工芸ファン必見の番組です。再放送の予定は5月26日(火)午前11時からと、5月28日(木)午前6時30分からの2回ございます。 この機会にぜひご高覧いただけましたら幸いです。
_
なお、今回登場する省胎七宝のうち2作品は、現在東京の「伝統工芸 青山スクエア」で開催中の「名古屋伝統工芸わざもん衆祭」に出品しています。5月27日(水)まで開催しておりますので、お近くの方はぜひこの機会に現品の美しさを観に足をお運びいただけましたら幸いです。
_
番組サイト
http://www4.nhk.or.jp/tsubo/x/2015-05-22/10/5996/
伝統工芸 青山スクエアHP
http://kougeihin.jp/

_
「省胎七宝」
省胎七宝(しょうたいしっぽう)とは、通常の有線七宝と同じような工程を経たのち、酸性液につけ込み素地である銅(胎)をすべて溶かして取り除き、ガラス質の釉薬と模様の輪郭に使用する金属線だけで完成させた技法のことである。金属素地がないため透過性があることが特徴で、その独特の美しい表情は他を圧倒する。
明治30年頃には考案されていたと伝わる技法ではあるが、ひびが入りやすく非常に不安定な技法であり、非常に技法難易度が高い。素地がないため一般的な七宝作品に比べ圧倒的に脆く、素手で持てば、そのぬくもりでひびが入りかねないと言われるほどであった。また不良率は7割以上ともいわれ、完品は大変希少なものである。こういった理由から、近年ではこの技法を習得した職人は激減しており数えるほどしかいないのが現状である。新たな省胎作品が生まれることは、ごく稀である。
作者・加藤勝己は、先人が苦労の末、築き上げたこのような技法が失われつつある現状に長年危機感を抱いていたが、自身の工房を守ることに日々追われ、なかなか手をつけられずにいた。
2011年、加藤七宝製作所の代表を退いたことをきっかけに、自身の作品制作を始めた。そして様々な作品を手掛ける傍ら、3年近くの歳月を費やして省胎七宝の試作・研究も続けた。
下引き、植線、彩色、焼成方法、研磨、溶解の方法など、あらゆる工程を見直し工夫することによって、その完成度を高めることに成功した。これまでの不良率は劇的に改善し、安定的に制作可能な独自の省胎技法を手に入れた。専用の照光器も開発し、2つの顔を持つ七宝が完成した。

posted by Yoshiro Kato

展示会、始まりました

2015年 5月 2日


伝統工芸青山スクエアにて展示会が始まりました。
昨日は一日中会場にてアテンドしていました。
観光ルートにもなっているとのことで、たくさんの観光客の方が訪れていました。特に欧米の方達が多かったように思います。
外国人に限らずここに来られる方達は、日本の伝統に興味を持っている方が多いので、アピールするには絶好の場所と言えます。



今回、僕のブースでは、6種のミニ骨壺を展示させていただいています。
足をお止めいただいた多くのお客様と直接お話しさせていただくことができ、大変貴重な時間を過ごさせていただきました。
中には、非常に興味をお持ちいただき、じっくり考えたいとおっしゃりカタログをお持ちいただいたお客様も何人かいらっしゃり、少し手応えを感じることができました。
今回の職人展は、今年秋に予定されている渋谷ヒカリエでの展示会にも繋がります。そこへは選抜形式になっていて、専門審査のほか会場とインターネットでの一般投票も行っており、下のページから投票とそれぞれのプロフィールや写真などがご確認いただけます。
青山スクエアFacebookページ「匠の声 Densanjp」
https://www.facebook.com/dentokogei
また、遠くは九州や沖縄から出展されている方もいらっしゃる貴重な展示会です。13日まで開催されていますので、ぜひこの機会にお近くの方は足をお運びいただき、若手男子職人の熱き想いをご覧いただけたら幸いです。

posted by Yoshiro Kato

ページのトップへ